歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 入れ歯(義歯)、さし歯、金冠について

入れ歯(義歯)、さし歯、金冠について

入れ歯(義歯)、さし歯、金冠について

人間にとってものをおいしく食べることは、終生の欲望であるとともに、生きるための本能的なものといえるのです。

それらの欲望を満たす“臓器”としての歯を作っているのが歯科技工士なのです。

歯科技工士は、歯科医師に依頼されて、歯に詰めるものやかぶせる物、入れ歯や矯正装置などを作るのです。

歯医者さんが良い治療をする為には腕の良い歯科技工士が必要になっているのです。

歯科医師の指示書に従って、義歯、継続歯、金冠や歯並びの悪いものを正しい位置にするための矯正装置の製作、修理にあたるなど、近代歯科医療においては欠かせない存在なのです。

歯科技工士としての重要な素質である繊細な感覚や器用さが求められるのは、何よりも患者さんの満足できるものができるかどうかが重要なポイントであるからなのです。

歯科衛生士と歯科技工士の違いですが、一番大きなポイントは、歯科技工士は患者さんの口の中を触れることは出来ないということなのです。

歯石を取ったり、歯磨き指導するのは歯科衛生士または歯科医師なのです。

具体的には、歯科医師の指示に従って、入れ歯、さし歯、金冠や歯ならびの悪いものを正しい位置にするための矯正装置の製作、修理にあたるなど、歯科医療の一端を担う、近代歯科医療においては欠かせない存在の医療技術者なのです。

現在の歯科医療では、歯が欠如することで咀嚼能力が低下すると、全身的健康が阻害されるといわれているのです。

現在の歯科医療では、歯がなくなることでかむ能力が低下してしまうと、全身的健康が阻害されるといわれているのです。

それらを防ぐためにも、歯ならび、かみ合わせのバランスを考えることが重要になっているのです。

冷静な判断力と技術力が歯科技工士には求められているのです。

それらを防ぐためにも、歯並びとのバランスを考えることが重要になってくるようですし、高い技術力が求められているのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯科 岡山
>予防歯科
>インプラント 岡山
>高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>矯正 岡山