歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士の需要は?

歯科技工士の需要は?

歯科技工士の需要は?

歯科技工士の仕事は、入れ歯や差し歯など、それぞれ患者さんの歯の形に合わせて作ったり、修理したりすることなのです。

歯科技工士のばあい、患者さんに直接ふれることはなく、歯科医師のとった歯型をもとに、歯科医師の指示にしたがって作業をおこなうのです。

歯科技工業務は、歯科医師もしくは歯科技工士以外が行うことのできない業務独占資格であり、歯科技工士の資格取得者の需要は多いといえるのです。

歯科技工士は全国に約3万9千人おり、その9割は男性と言われているのです。

需要と供給のバランスがほぼ取れている業界と言えるのですが、今後、日本人社会の高齢化にともない、歯科技工士の仕事は増えていくことが予想されているのです。

まず歯型に石こう剤を流し込んで患者さんの歯の模型を作り、これに合わせて義歯を加工していくのです。口の中に入れるものだけに細かい調整が必要であり、かなり根気のいる手作業になっているのです。

若い世代の歯科技工士数の減少はすでに訪れている超高齢化社会到来による需要の増大に逆行しており大変な社会問題だと言えるのです。

高齢になるにつれて、入れ歯の需要は増える一方だからなのです。

また、高齢者の入れ歯など医療的に必要な義歯の製作ばかりではなく、美的な観点に立った人工歯の使用も今後ますます増加しそうな気配なのです。

文部科学大臣指定の歯科技工士学校、あるいは厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所に通い、国家資格に合格することなのです。

手先の器用さと繊細さが求められる仕事ですので、女性の進出が増えているのです。

また、患者さんの要求の高まりもますます加速し、それに伴う新技術の開発や高度歯科医療の担い手として、優れた技術と知識を持った歯科技工士の需要は今以上に必要不可欠になって行くと考えられるのです。

歯科技工士という仕事は需要と供給のバランスが比較的取れているのですが、特筆に価するのは紹介予定派遣という制度が存在する、ということなのです。

紹介予定派遣とは、つまりお試し期間を設ける制度のこととなっているのです。

高齢化社会を迎え、歯科技工士の需要はますます増えているのです。

実力があれば独立開業も夢ではない世界なのです。

歯科技工士が減少し、需要と供給のバランスが取れなくなってきているのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯科 岡山 |予防歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |入れ歯 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |インプラント 岡山 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |岡山 インプラント |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院