歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士 養成期間

歯科技工士 養成期間

歯科技工士 養成期間

歯科技工士を養成するために学校があるのですが、平成17年8月現在、全国に64校あり、高校卒業以上の者を入学資格としているのです。

歯科技工士を養成する学校は、大学・短期大学の付属をはじめ、ろう学校関連、学校法人、財団法人、医療法人による学校などがあるのです。

歯科技工士になるには歯科技工士養成校に入学・修了する必要があるのです。

歯科技工士養成校は全国に存在していて、大学・短期大学・専門学校があるのです。

その設立母体別の種類には国立大の附属学校、国立大学歯学部の附属学校、地方自治体の公立学校、私立大学歯学部の附属の学校、各地の歯科医師会による会立の学校。

そして歯科・医療関係者による私立の学校に分類されていて、形態としては大部分が専修学校となっているのですが、近年、4年制大学や短期大学が開設されてきているのです。

養成校は専門学校がほとんどで、その為多くの人が専門学校を卒業し歯科技工士になっているのです。

短期大学も少なく、大学は日本では広島大学が唯一の歯科技工士養成校なのです。

習得する科目のうち、外国語、造形美術概論、関係法規が合わせて60時間、それ以外の全科目は歯科技工に関する専門的な内容になっているのです。

養成校は基本的に2年で卒業となり、夜間コースの場合は3年で卒業となっているのです。

歯科技工士養成校では知識と実技をみっちりと学習するのです。

修業年限は2年制と3年制ならびに4年制があり、教育の特徴としては、各学校がそれぞれ設立時の建学の精神に基づいて特色のある教授内容、個性的な教育指導をおこなっているのです。

養成校卒業後は歯科技工士資格を取得すべく、歯科技工士国家試験を受験するわけなのですが、試験の合格率は90%を超えていて、養成校時代にしっかりと対策しておけば何ら問題のない試験といえるのです。

すべての科目の知識と技術を基礎として、歯科技工を総合的に修得させることにあるのです。今まで学んできたことの仕上げともいえるのです。

歯科技工士学校か養成所、または大学の歯学部か短大の専門学科で勉強して、国家試験に合格するようにしましょう。

試験の中には彫刻やデッサンの課題もあるのです。

また特殊な機械・器具を使用するものについては、校外実習や見学によって修得することもあるのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|入れ歯 |歯槽膿漏 歯周病 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯科 岡山 |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |予防歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス