歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士の実態

歯科技工士の実態

歯科技工士の実態

技工士がいなくなってしまったかそれは今の保険制度が原因で保険点数が引き上げられないからなのです。

歯科技工士は模型などの血液や唾液によって感染する可能性があるのです。

感染症に対して意識の少ない歯科技工士は危険かもしれないと思います。

歯科技工士であるのならしっかりとした基礎知識を得るコトが必要なのです。

通常、需要が高く、供給が少ない場合、その職の賃金は高い傾向にあるようですが、歯科技工士は例外と言えるのです。

高い専門性に比べ、収入は高い水準とは言えず、社会保険制度への位置づけなど、早急な法整備が必要になっているのです。

義歯の数は増えるが義歯を作る歯科技工士がいないのです。

歯科医師5人に対して1人の歯科技工士では、どう考えても対応できないのです。

そのことを知らないのは誰でしょう?義歯を海外で作ると言う話、日本の免許を持つ歯科技工士以外が造っても判らない現状となっているのです。

保険の技工料金は、7対3の大臣告示料金で決められているのですが、実際には歯科医療保険の点数が低く抑えられている為、歯科医院から技工料金のダンピングを迫られどんどん低廉化しているのが現状となっているのです。

義歯に関しては,増加傾向にあり,これから団塊世代の多くの方々が,義歯年齢になってくるのです。

現在歯科技工士は忙しく寝る時間も惜しんで義歯の数はこなすが利益に繋がらないのはなぜなのでしょうか。

その為、収入が少なく、残業時間が多く、その上、自腹で研修をして常にレベルアップをはからなければならないのです。

歯科技工士の活躍の場は、診療所や技工所、材料メーカーなどが代表的で、経験を積んでから独立して歯科技工所を開くといったケースもみられます。

歯科技工士が在籍する歯科技工所の年間総収入は年々増加し、また技工所の事業所総数も年々増加しているのです。

対して歯科技工士の数には減少が見られ、市場拡大と人材不足の傾向が今後数年は続くものと予測されているのです。

離職まで考えざるを得ない技工士の状況を放置することは、高齢社会の進行に伴い必要とされる良質な補綴物の製作を一層困難にしてしまうのです。

このため、製作技工料や補管の評価を見直し、更に3割負担など患者の窓口負担を軽減させるなど受診抑制なくすことが必要となっているのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯科 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏・歯周病 治療 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |岡山 インプラント |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|インプラント 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |矯正 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏 歯周病 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療