歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士 国家試験

歯科技工士 国家試験

歯科技工士 国家試験

お医者さんや歯医者さんは国家試験に合格しないとなれないのです。

歯科技工士の試験とは、歯科技工士国家試験のことなのです。

合格率は90%台後半となっており養成校でしっかり勉強すれば問題ない数値となっているのです。

実は、歯科技工士も同じなのです。歯科技工士になるには国家試験に合格しなければならないのですが、その日程は各都道府県により異なるようですので、各自問い合わせをする必要があるのです。

たいていは毎年2月末から3月初めにかけて行われているのです。

歯科技工士国家試験は各都道府県単位で2月末から3月初旬にかけて実施されているのです。

つまり、受験生は卒業見込みの証明で受験することになるのです。

実地試験では、カービング、全部床義歯の人口歯配列と歯肉形成、歯冠修復物のワックス形成、部分床義歯の維持装置・連結装置の製作など、かなり熟練したスキルが試されることになっているのです。

時代の流れに左右されない必要不可欠な技術に国家資格は与えられるのです。

そして、この資格は、歯科技工士の専門学校の2年間の課程を修了して初めて受験ができるようです。

試験に合格したとしても、歯科医療または歯科技工の業務に関する犯罪または不正の行為があった者や、精神病者または麻薬、あへんもしくは大麻の中毒者には免許が与えられないことがあるのです。

試験は厚生省、文部省が定めた養成施設の教育を終え,修得した知識、技術が歯科技工士として社会に活かすことができるかどうかを国が試験で判定する試験となっているのです。

資格を満たしていて初めて国家試験を受けることができるのですが、試験内容は学説試験と実地試験とに分かれているのです。

修得した技術や知識が歯科技工士として社会で活躍できるに足るかを国が試験で判断し、合格した者だけに交付されるのです。

都道府県交付ではなく、歯科医師の免許と同じく国が発行する大臣免許であることを見ても、歯科技工士に課せられた責任には重大なものがあることがわかると思います。

学説試験では、口腔と歯の解剖学、有床義歯技工学、クラウンブリッジの補綴学・保存修復学、歯科理工学、法規、顎口腔機能学、小児歯科技工学、矯正歯科技工学などが問われるのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|岡山 インプラント |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯科 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |インプラント 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |予防歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療