歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士の年収

歯科技工士の年収

歯科技工士の年収

収入は安定しているのですが、給料の額は年齢と経験に応じて12万〜50万円程度と差が大きく開いているようです。

義歯は保険診療の場合が多く、その品質に関係なく診療報酬が定まっているため、現状ではいかに高い技術の持ち主でも、これ以上の給料を得るのは困難なのです。

もちろん、独立開業すれば能力次第で高収入も可能となっているのです。

歯科技工所に就職した場合の初任給は、約17万円程度から〜1日10〜12時間労働でさらに休日返上で働いても年収500万円程度というのが実情なのです。

平成20年の歯科技工士の平均月収は26.0万円、そこから推定される平均年収は347.2万円だったようです。

歯科技工士の年収は平均400万円前後だと言われているのです。過去の推移を見ますと、年により偏りがあることが見て取れるのです。

時給ベースでも偏りがあり、今後の収入動向が読みずらい状況にあるのです。

収入の伸びはあまり期待できないようで、若干厳しめの現状となっているのです。

ただ、普通に生活する分には問題のない収入なのです。

現在の日本の歯科技工の技術レベルは、世界でもトップクラスと言われ、非常に高い評価を得ています。

独立開業することもできるのですが、既に歯科技工所の数は多く簡単にできるものではなく、その場合の収入は営業力次第で左右されるようです。

しっかりとした技術力・営業力のある歯科技工士はいいのですが、そうじゃない歯科技工士には厳しい現実が待っているようです。

また、高齢化による入れ歯需要の拡大、食生活の変化による虫歯の増加など、歯科技工士のニーズは高まってきているのです。

歯科技工士の年収は、その職場によっていくらか変わってくるのですが、年金ランキングによると約70位あたりに位置するのです。

まず、民間に勤める歯科技工士の平均年収は400万円前後となっているようです。

ただし、こうした需要に関わらず、歯科医師平均2人に対して、歯科技工士は1人という人材不足の状態となっているのです。

月収で30万8800円なのです。また、歯科技工所に勤めている場合、初任給は17万円ほどとなっているのです。

通常、需要が高く、供給が少ない場合、その職の賃金は高い傾向にあるのですが、歯科技工士は例外と言えるのです。

高い専門性に比べ、収入は高い水準とは言えず、社会保険制度への位置づけなど、早急な法整備が必要になってくるのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |矯正 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |予防歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯槽膿漏 歯周病 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |入れ歯 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |インプラント 岡山 |歯科 岡山