歯科技工士情報館 >> 歯科技工士情報 >> 歯科技工士は独立開業できる

歯科技工士は独立開業できる

歯科技工士は独立開業できる

一番肝心なのは、やはり歯科医師や患者さんを満足させる補綴物を製作することなのです。

競争力のある独自の専門分野を確立できる人は独立に向いていると思います。

医療関係で独立開業が出来る業種は限られているのです。

歯科技工所は一人でも開業でき、他業種に比べ設備投資も安く、仕事の確約さえあれば、簡単に開業できるからなのです。

個人でできる、自宅でできる、開業資金が少なくて済むなどすぐに開業が可能な職業なのです。

将来、自分の歯科技工所を持ちたいと考えている歯科技工士もいるのです。

人間にとって歯は大切なもの。永久歯の寿命はおよそ50年前後と言われており、一度欠けたり失ったりするともう二度と再生しないのです。

歯科技工士とは、歯科医療の中で詰め物や被せ物、入れ歯、矯正装置などを製作・修理し、患者の失われた歯を最適な状態に復元するスペシャリストなのです。

歯科技工所は全国に約1万8000あり、その代表の多くは歯科技工士なのです。

就職先には、病院の歯科や歯科医院、歯科技工所、歯科機材メーカーなどがあるのです。

経験を積んで技術を高めれば、独立も可能なのです。実際、20代、30代の若いうちに独立する人が大勢いるのです。

独立開業をする歯科技工士は、たいては歯科技工士養成所を卒業した後、歯科医院や歯科技工所にいったん就職するのです。

そこで歯科技工士として技術はもちろん経営のノウハウなどを学び、それから独立するのが一般的となっているのです。

以前は20代で独立開業する人もいましたが、最近は30代後半、40代ぐらいでないと経営者にはなれないのです。

というのも、開業資金が機械類だけで1000万近くかかるようですし、ここ5年ぐらいでしか技工所の数が3000近く増えているようです。

国内には数千カ所の歯科技工所があるのですが、規模も内容も様々となっているのです。

自宅の一室に1人で虫歯の詰め物・被せ物を専門的にやっている人もいれば、数十人単位で歯科技工士を雇い、大がかりな企業形態で経営している歯科技工所もあるのです。

何ごとに対しても自分の判断で物ごとを決定して人生を切り開いてみたいと考える人にはふさわしい仕事といえるのです。

厳しい状況での経営は大変ですが、やりがいがあるのも事実なのです。経営者には、卓越した技術に加え経営能力も必要なのです。

営業や売り上げ管理、従業員の給料管理、経営の知識も必要となってくるのです。

歯科技工士情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |予防歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |矯正 岡山 |インプラント 岡山 |歯科 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |岡山 インプラント |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯槽膿漏 歯周病